今年はどうする?2015年忘年会の出し物〜ダンス編〜

今年はどうする?2015年忘年会の出し物〜ダンス編〜

忘年会の出し物で使うダンスは、年にたった一度の忘年会ですので、出来るだけ参加者に負担にならない程度に誰もが楽しめるダンスがおすすめです。
そこで、忘年会の幹事として、忘年会の出し物におすすめなダンスについて挙げていき、説明していきましょう。

 

今流行の「ゆるキャラ」や「面白キャラ」などのダンス

レースの着いた衣装やコスプレなどを着て、キャラに合わせたようなムードで踊りをします。
例えば「妖怪ウォッチ」や「ふなっしー」などは、かなり盛り上がる可能性大!
適当な衣装がなければ、着ぐるみやキャラ衣装を着てみたり、妖怪ウォッチ風のメイクをして、「妖怪第一体操」を5〜6人で踊るなど、笑いをとるようなファッションを加えるようにすると、楽しく盛り上がれます。

 

お笑い芸人のリズムネタ

2015年大流行した「8.6秒バズーカー」の「ラッスンゴレライ」のアレンジや、「クマムシ」の「あったかいんだからぁ」は鉄板ネタになる予感がしますね!
また、今だからこそ、「オリエンタルラジオ」の「武勇伝」をやるのもありかもしれません。

 

AKB48「心のプラカード」

AKB48の「心のプラカード」も、歌詞や音楽に会わせて、プラカードを実際に用意しておくととてもリアルで参加している人達全員が楽しめると思われます。
これなら衣装を用意する必要もなく、プラカードのみを用意して、いくつかのメッセージをプラカードに書いておき、後はムードに合わせて簡単に踊るだけですのでおすすめです。

 

フラダンスや社交ダンスなどがおすすめです!

プライベートでフラダンスや社交ダンス、タップダンスやバレエなどを習っている人は、今までの練習の成果としてダンスを披露するのも楽しいものですね。
他にも「マツケンサンバ」や最近のヒットソングが分からないという方は、民謡の「エッサッサ」や「阿波踊り」などがおすすめです。

 

フラダンスは衣装がないと踊れませんが、社交ダンスやタップダンス、バレエなど、踊り方が分からない方は動画などを見て、踊り方を忘年会の前にマスターしておくのも良いでしょう。

 

忘年会のダンスは、一週間前にしっかり練習しておきましょう。

忘年会のダンスは、どんなダンスを披露するかを決め、「これなら、全員にウケそう」と思えるようなダンスを参加者全員がそれぞれ考案し、踊り方を自宅で踊る練習をしておく事が大切です。